今すぐお金を借りたい必要な方には【スグカリ】へお越し下さい

スグカリ

できるだけ早くできれば今日中に..即日融資についてのご相談

コラム

投稿日:2017年3月22日 更新日:

ふつうお金を借りる際には返済計画を立てるなど、今後のことを十分に考えてから実行に移すものです。

お金を貸し出す側も、本当に貸し出してよいかを見極めたうえで融資実行となりますので、ある程度の日数が必要な事はある種常識となっていますよね。

ところがそうは言っていられない、とにかく急いでお金を融資してもらわなければ困る、と言った事態だって起こりえますよね。

そういう時には融資を申し込んだその日に実行してもらわなければ困るのですが、実際に即日融資となるといろいろと制限があるような気がしてきます。

できるだけ早くできれば今日中に..即日融資についてのご相談

そこで現在の即日融資の実態について見ていきたいと思います。

消費者金融ならば即日融資が基本です

あまり良いイメージを持たれていない方も多いかもしれませんが、消費者金融ならば基本的に即日審査・即日融資となっています。
個人向けの貸し出しを長年行ってきた経験から、やはり審査終了から貸出実行までの時間が短いですね。

個人でお金を借りようとする方の場合、長期的な計画でお金を借りるならば銀行が第一選択となりますが、急きょ必要となれば消費者金融が選択の上位に来ることは間違いありません。

ですので消費者金融側もそんな顧客への利便性を第一に考えれば、やはり即日融資が基本となってきます。

なお現在の消費者金融は大変クリーンな業種であり、昔のような怖い部分はすべて排除して営業していますから、安心して利用できますよ。

銀行はそもそも即日融資に適していなかった

銀行は元々個人向けの小口融資を得意としておらず、大口の企業向けや個人でも住宅ローンなど金額の大きな融資で、慎重に審査を行ったうえで融資に至るものばかりでした。

現在でも基本的には変わっておらず、即日融資のような分野への進出はここ最近ようやくと言った感じですね。
銀行のカードローンなどでは即日審査や即日融資を謳い文句にして宣伝していますが、これらの影にも消費者金融の影響が非常に色濃く出ているのです。

消費者金融が銀行の傘下に収まる

消費者金融には逆風の時代の幕開けとなった2006年の最高裁判決。
判決を受けて徐々に法整備が進み、今では年収の1/3までしか貸し出せない総量規制や金利上限の引き下げ、テレビCMでもよく耳にする過払い金の問題などで窮地に立ち、一部の消費者金融は銀行の傘下に収まりました。

資金の供給も受けることができる消費者金融側と、即日融資のノウハウを受けることができた銀行側。
現在銀行のカードローンで即日融資まで可能としているのは、消費者金融を傘下に持つ銀行がほとんどなのです。

実際に即日融資ってしてもらえるのでしょうか

まずその消費者金融や銀行の営業時間が関係することはもちろんのことですね。
無人契約機などは夜間も受け付けているところが多いようですが、審査の全てを行うことができずに翌日以降にならないと結果が出ないことがあります。

こうなると即日での融資も無理ですので、できるだけ早い時間に申し込みたいものです。

特に土日祝日を挟んだ場合には、会社への在籍確認が行えないために審査が遅れることも考えられます。
一部の業者では会社への電話での在籍確認を行わずに、給料明細や健康保険証によって在籍確認とするところもありますので、急いでいる方は業者選びの選択肢の一つとしても良いでしょう。

銀行によっては審査は即日で終わるものの、カードの受け取り方によっては即日融資が実行できない場合もあります。
確実に即日融資を受けたい場合は、やはり消費者金融が一番良いと言えるでしょう。

カードの発行さえ受けていれば即日融資されますよ

銀行のローン専用カードや消費者金融のローンカード、またキャッシング枠のあるクレジットカードを持っていれば、近くのATMを使ってお金を借りることができます。

一般的なローンは借りるたびに書類を用意して審査を受けてと言った手順がありますが、これらのカードはあらかじめ借りられる限度額が設定されています。
この限度額内であれば何度でも借りることができるのです。

つまり最初の申し込みから審査、そして融資実行までには時間がかかることがあるのですが、一度申し込んで審査をを通っていれば、そのカードを使った何度でも即時に借りることができるのです。

以上、できるだけ早くできれば今日中に..即日融資についてのご相談...でした。

-コラム

Copyright© スグカリ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.