今すぐお金を借りたい必要な方には【スグカリ】へお越し下さい

スグカリ

もう要らない?カードローンを解約するメリットとデメリット

コラム

投稿日:2017年1月13日 更新日:

カードローンは手軽に資金が得られる便利なツールですが、やはり手元にあるとまた使ってしまいそうになりますよね。
中には返済し終わったし、カードローンの契約も終わったって思っている人もおられるでしょう。
今回はカードローンの解約について見ていきます。

もう要らない?カードローンを解約するメリットとデメリット

また解約によるメリットやデメリットについても解説していきます。

自動的に解約?完済したカードローンについて

住宅ローンでも自動車のローンでも、完済すればそれでローンの契約が終了して通知が来ますよね。
でもカードローンの場合には完済したからと言って契約終了の通知など来ません。
カードローンの特徴は、その限度額の範囲ならば何度でも借りられることですよね。
つまり借りていたお金を完済した場合、限度額が全て復活して目一杯借りられる状態になっただけです。
だってカードを持っていればまた借りられるわけで、カードローンの契約を解約したわけではないのですから。

解約しなきゃ良かった..カードローンを解約するとこんなデメリットがあった!

借金できるツールであるローン用のカードですが、解約した場合にはどのようなデメリットがるのかを見てみます。
まず最初に言えるのは、解約するのは面倒です。
ほとんどの場合、電話で解約する旨を告げて解約届をもらい、記入して返送することになります。
カードローン会社によっては窓口へ持参する必要がある場合も。
いざ解約してしまったけど、再度お金が必要になってカードローンを申し込む場合には最初から審査が行われます。
時間もかかるし面倒ですよね。
それとカードローン会社によっては、解約後一定期間内は再契約できないと言った規約が存在する場合もあります。
今後は一切利用しないと言った硬い決心が必要なのかもしれませんね。

解約して良かった!カードローンを解約するメリットとは

では反対にメリットも見てみましょう。
何と言っても、新たな借金を作る心配がなくなることですね。
お金にルーズな人だったり金銭感覚があやふやな人の場合には、やはり解約することを強くお勧めします。
ローン用カードを持っていると、ついついまた借りてしまいますからね。
ちなみにカードローンを解約する場合には、当たり前ですが完済していなければ受け付けてもらえません。
もっと大きなメリットですが、カードローンを解約すると信用情報にもちろん記載されるのですが、プラス評定として記載されるのです。
カードローンには限度額が設定されていて、その金額までは借り入れが可能となっていますよね。
つまりは今後いつその金額まで借り入れるか分からないカードローンを解約したと言うことは、それだけで借金の危険性が低下したわけですからもちろんプラスの評定となるのです。

解釈して信用情報が良くなって何か良いことあるの?

信用情報の評定が良くなれば、今後クレジットカードの申し込みの時などには有利ですよね。
また人生での最も大きな買い物と言われる住宅を購入する際、ほとんどの人が住宅ローンを利用するのですが、やはりこの際にも信用情報が参照されます。
過去に延滞がないか、現在まだたくさんの借り入れがないか、と言ったことともに現在借入はないがカードローンの契約あるかないかも参照されます。

やはりカードローンの契約が残っていれば、今現在は借り入れが無いにしても今後借り入れる可能性があります。
そのためカードローンの限度額を考慮して住宅ローン融資の審査が行われるのです。
特に限度額かなり大きなカードローンを契約している人は要注意です。
ですから住宅ローンに限らず、ある程度大きな融資を考えている場合には、やはりカードローンは解約しておくほうが有利に働くと言えますね。

以上、もう要らない?カードローンを解約するメリットとデメリット...でした。

-コラム

Copyright© スグカリ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.