今すぐお金を借りたい必要な方には【スグカリ】へお越し下さい

スグカリ

カードローンを借り換えたりまとめてしまって返済を楽にしよう

コラム

投稿日:2017年2月17日 更新日:

とにかく急いでお金が必要だったから、少し金利は高くてもすぐ融資してくれる所を選んでしまった人もいますよね。
すると毎月同じように返済していても、元金部分がなかなか減らないといったことが考えられます。

やはり少しでも金利が低いところの方が、総返済額で見るとかなり安くつくことになりますよね。
また複数のカードローンを利用していて返済日がバラバラだったりするとその管理が大変ですし、知らず知らずのうちに延滞してしまうリスクも考えられます。

カードローンを借り換えたりまとめてしまって返済を楽にしよう

そこでカードローンの借り換えや、複数のカードローンを一つにまとめて楽になる方法を見ていきましょう。

借り換えでメリットを受けるのはどんな人?

最も分かりやすいのは、18%程度の高い金利のカードローンを15%以下のカードローンに借り換えることで、返済を楽にしようというというパターンですね。

こうすることで総返済額がかなり減少しますし、完済までの期間がかなり短くなることが予想されます。
返済期間が同じ場合には、月々の約定返済額が減少してかなり余裕を持つことができるようになります。
また現在利用しているカードローンの提携先が少なく、お金を借りたり返したりが不便だと感じていた場合、使い勝手がよくなることが考えられます。

このように金利面で不満を持っている人や、使い勝手が悪いカードローンだと感じている人にとって、借り換えはメリットをもたらすものだと言うことができます。

借り換えることによるデメリットはないの?

借り換えとは新たにカードローンでお金を借りて、今まで借りていたカードローンを返済することです。
つまり一時的とはいえ、借入総額がかなり膨らんでしまうのです。

ですので総量規制に抵触する場合などは新たな借り入れを拒否されることもありますし、総量規制の対象外である銀行系にしても、やはり借入額が大きくなることによって審査は通りにくくなりますね。
ですのでデメリットとしては、審査をまた通過させなければならないうえに、審査の通過率は新規の時以上に低くなります。

またカードローンの選択先をミスってしまえば、現状より返済額が増える危険性もあります。

借入額が大きいとカードローンの借り換えは難しい?

やはり借入額が倍になることによる審査の厳しさがありますので、確かに難しいとは言えますね。
ただ最近は借り換え用のカードローンも用意されるようになり、借り換え環境は以前より良くなっていると 言えるでしょう。

たくさん借りており、総量規制(年収の1/3)ぎりぎりな人の場合は借り換えに対応しているカードローンを利用することになりますし、比較的借入総額が少なくてより条件の良いカードローンをと言う人の場合、銀行系など金利が低めの一般的なカードローンを利用して借り換えることになります。

複数のカードローンをまとめると何か良いことありますか?

複数のカードローン会社を利用していると、中には金利が高い会社もあることでしょう。
そしてカードローン会社によって返済日が異なっていたりすると、常に返済のことばかり考えてしまって精神的にも良くありません。

カードローンを一つの会社にまとめてしまうことで、現在より金利が低くなることで返済が相当楽になるうえに、月1回の約定返済日だけを考えておけばよいために、支払いに追われている感覚から脱却できてかなり気分が楽になるのです。

カードローンを1本にまとめるのって難しい?

まず審査が若干厳しくなる傾向にあると言われていることから、過去に延滞したことがある人や審査に落ちたことがある人は、カードローンをまとめるのは難しいと言わざるを得ません。

逆に言えばこれらのことが無かった人にとっては、カードローンを1本化できるチャンスがあると言うことです。
基本的にはより金利が低いものを選ぶことから、銀行系のカードローンでおまとめが可能だと明記されているものになります。

銀行での審査ですからやや厳しくはなります。
安定した収入があり勤続年数がある程度長いなどに加え、1本化してまとめようとするカードローン以外に借り入れが無いなども審査の対象になるようです。

以上、カードローンを借り換えたりまとめてしまって返済を楽にしよう...でした。

-コラム

Copyright© スグカリ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.