今すぐお金を借りたい必要な方には【スグカリ】へお越し下さい

スグカリ

キャッシングと審査の関係を見てみましょう

コラム

投稿日:2017年3月21日 更新日:

クレジットカードに付帯しているキャッシングを利用すると信用情報機関のデータに記載されるので、別のクレジットカードを申し込んだり、住宅や自動車のローンを申し込んだ時の審査で不利になる。

クレジットカードを申し込むときは、キャッシング枠を付けない方が審査に通りやすい。
こういった話を聞いた方もおられると思います。

キャッシングと審査の関係を見てみましょう

このようにキャッシングと言うものは、本当に信用情報としてはマイナスに作用するものなのでしょうか。
気になるキャッシングと審査の関係を見てみましょう。

キャッシングは利用するだけでマイナス評価になる

クレジットカードに付帯しているサービスであるキャッシングを利用すると、信用情報機関の履歴に残ってマイナス評価になると言う話を聞いたことがあると思います。

もしマイナス評価になるのならば、クレジットカード会社もわざわざキャッシング枠を付けたりはしないですね。
借りても遅延したり延滞することなくキチンと返済している限りは、あまり気にしなくても良いですよ。

ただし、あまりにも頻繁にキャッシングを利用している場合や、キャッシング枠の上限額まで借入をおこなっている場合に、新たにクレジットカードをキャッシング枠付きで申し込んだ時には影響が出ます。
新たにクレジットカードを作ってキャッシングを利用してまた限度額まで借り入れを行えば、貸し倒れになる危険性があると判断するためですね。

ですのでキャッシングを利用する場合でも、やはりほどほどにしておくのが良いでしょうね。

キャッシング枠が無いほうが他のローンなどの審査に通りやすい

キャッシング枠があるクレジットカードを持っているからと言って、それが原因で他のローンの審査に通らないと言ったことはありません。

たしかにキャッシング枠と言うのは、その限度額までは借りられるわけですから、言ってみればその額までは借金する可能性があると言うことです。

しかしクレジットカード会社が、この人ならばこの額までキャッシング枠を設けても大丈夫だろうと判断して付けたわけです。
ですのでキャッシング枠が付いているクレジットカードを持っていると言う理由だけで、他のローンや新たなクレジットカードの申し込みに影響が出ることはありません。

キャッシング枠無しのクレジットカードの方が審査を通りやすい

キャッシング枠とはショッピング枠の一部を使用して、お金を直接貸し出せる限度額を言います。
キャッシング枠に関しては総量規制の規制対象となりますので、他の借り入れを含めて年収の1/3までしか貸し出せません。

クレジットカードの申し込みをした時点で借入金が年収の1/3近くある場合には、キャッシング枠のあるクレジットカードの審査はまず通らないものと考えてください。

年収の1/3近い借り入れがある場合でも遅延や延滞と言った事故情報が無い場合において新たにクレジットカードの申し込みを行った時には、キャッシング枠を付けなければ審査を通過できる可能性が高ります。

ちなみに審査に落ちた場合、そのことも信用情報機関のデータに記載されます。
ですので審査に落ちてしまったからと言って、すぐ次のカードを申し込むことは止めた方が良いですよ。
最低でも6か月間は空けて申し込まなければ、再び審査落ちになることは間違いないのですから。

キャッシング枠と審査の関係とは

キャッシングもお金の借り入れ、つまりは借金としてカウントされます。
ですのでキャッシング枠が50万円のカードで50万円すべて利用した場合には、年収の1/3といった総量規制に関係なく、新たなクレジットカードをキャッシング枠付きで申し込んでも審査で落ちることが考えられます。
新たなカードでもキャッシングを利用することが考えられ、貸し倒れのリスクが高くなるとカード会社が判断するためです。

ただしいくら借金としてカウントされると言っても、数万円借りた程度では他の審査などに影響が出ることはまずありません。
もし影響が出るとすれば、それは遅延や延滞があった場合に限られます。

他の借り入れを含めた場合に年収の1/3近くになる時には、キャッシング枠が付加されたクレジットカードの発行はまず不可能です。
借入金が年収の1/3ある場合でも延滞がなく事故情報が記録されていない人の場合には、キャッシング枠が付加していないクレジットカードならば発行される可能性は高くなります。

以上、キャッシングと審査の関係を見てみましょう...でした。

-コラム

Copyright© スグカリ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.