今すぐお金を借りたい必要な方には【スグカリ】へお越し下さい

スグカリ

消費者金融を利用することのメリットとデメリットとは

コラム

投稿日:2017年3月10日 更新日:

いまお金を借りる手軽な手段としてはカードローンがあります。
カードローンの主な発行先として君臨するのが消費者金融です。
消費者金融は今はクリーンなイメージで営業しており、実際に昔とは比べ物にならないほど健全な営業を行っています。

この消費者金融でカードローンなど融資を受けるのにはどのようなメリットがあって、逆にデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

消費者金融を利用することのメリットとデメリットとは

いろいろな角度から見てみましょう。

最大のメリットは融資までにかかる時間がかなり短いこと

急にお金が必要にになることって、生活していると起こりうるものですよ。
銀行口座に必要なお金が入っているのならば下せばおしまいですが、どうしたって足りない時ってあるものです。

それも明日中にお金を用立てる必要がある時なんて、本当に焦っちゃいますよね。
そんな時こそ消費者金融に相談してみましょう。

銀行もそこそこ早く審査が終わるようになったとはいえ、やはり消費者金融の機動性にはまだかないません。
早ければ30分ほどで融資が実行されますよ。

保証人や担保が必要ないのも大きなメリット

銀行でお金を借りるときには、基本的に担保を差し入れたり連帯保証人を立てることになります。
この連帯保証人を探すのが一苦労なんですよね。
万が一返済できなくなった場合には、連帯保証人に返済の義務が生じることになるのですから。
会社の同僚に頭を下げるだなんてしにくいし、親戚に保証人になることを頼むのは気が引けますよね。

消費者金融では保証人を付けずに借り入れができるので、それだけでも心理的負担が小さくなりますよね。
もちろん担保も不要ですから、手軽に借りられるこのメリットは本当に大きいですよ。

正社員でなくても、パートやフリーターでも借り入れできます

一般的に正社員として働いていなくてはお金って貸してもらえない、そんなイメージってありますよね。
消費者金融ではパート主婦やフリーターの方、学生でも20歳以上ならば借り入れが可能です。
総量規制という決まりがあるので、年収の1/3を超えての借り入れはできません。

なので20歳以上の学生でバイトである程度の収入があれば、借り入れることは十分可能となるのです。
これはパート主婦でも同じで、収入に見合った金額の借り入れを行うことも可能となるのです。

消費者金融の金利はやはりデメリットです

審査も早く融資も早い、おまけに保証人の必要がない消費者金融ですが、その代わりに銀行のカードローンなどに比べて金利は高めの設定です。

リボ払いで返済するためにあまり金利が高いことを実感しにくいかもしれませんが、銀行のカードローンは15%前後を上限金利としていますが、消費者金融では18%を上限金利として設定している業者が大半です。

借入額が多くなればなるほど消費者金融でも金利は下がってきますが、その分返済が大変になります。
借りやすいからと言って多額を借り入れないように注意しましょう。

住宅ローンの審査に落ちる可能性があります

消費者金融でお金を借りているとしても、きちんと返済していれば普段は特に問題になることはありません。
延滞すればそのことが信用情報に記載されますので、クレジットカードの発行などにも影響が出ることが考えられます。

しかし住宅ローンという多額で長期にわたる金額を融資する際には、やはり銀行側は消費者金融から借り入れていることで、将来的に焦げ付かないかと不安になるわけですね。
必ず住宅ローンの審査に落ちるとは限りませんが、住宅ローンを利用する予定のある方は、消費者金融からの借り入れを完済しておく方が良いと思われますよ。

借りやすさがデメリットになります

消費者金融では連帯保証人や担保の差し入れが無くてもお金を借りることができます。
実はその他にも、50万円以下の借り入れの場合には収入を証明する書類が不要となる場合があるのです。

このためつい借りすぎてしまい、そしてリボ払いですからあまり多額の借金をしているといった感覚がなくなり、いつまでも返済し続けていることもよくあるのです。
この借りやすさというメリットの裏側に、このようなデメリットも同居しているのです。

以上、消費者金融を利用することのメリットとデメリットとは..でした。

-コラム

Copyright© スグカリ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.