今すぐお金を借りたい必要な方には【スグカリ】へお越し下さい

スグカリ

キャッシングで多額の借金を作るほど重度のギャンブル依存症を克服する方法

コラム

投稿日:

心底やめたいと思っていても、衝動を抑えることができず、ギャンブルに繰り返し手を出す人が大勢います。
キャッシングで多額の借金を作るほど重度のギャンブル依存症を克服する方法

その中には、キャッシングなどで多額の借金を抱えている人は少なくありません。そこで、そんな重度の依存症を克服する方法をお教えします。

ギャンブル依存症とは精神疾患のひとつです

ギャンブル依存症とは、精神疾患のひとつで、賭博に対しての依存症です。その衝動を抑えることができず、それが原因でさまざまな問題が発生します。例えば、自分の給与以上の金額をつぎ込み、それだけでは足りない場合は、キャッシングなどで借金をしてまでのめり込む人もいます。

他には、心の葛藤やストレスを感じたときに手を出してしまうこともあります。しかし、その後に強い自責の念にかられ、夜眠れないこともあるそうです。このような状況になってもやめることができず、悪循環に陥ってしまいます。その結果、身体的、精神的、金銭的に追い込まれていきます。

自分は病気であることを自覚し専門外来を受診しよう

まず1番初めにすることは、自分が依存症という病気であると自覚することです。人によっては自分が精神の病気であるということに抵抗を感じるかもしれませんが、それに気づかないと治すことができません。自分自身を冷静に見つめ、異常であることを認めましょう。

また重度の依存症になると、1人の力で改善することはとても困難です。そんなときは、ギャンブル専門外来を受診しましょう。現在の自分の状況を説明し、専門医に相談することで、自分に合った治療法を提案してもらうことができます。

ギャンブルとは距離をとりつつ新しい趣味を見つけよう

依存症は一度発症すると、完治することはありません。そのため、自分の意思をしっかり持つことが大切です。しかし、何かのきっかけでその衝動を思い出すと抑えられなくなることがあります。そのため、衝動を喚起させないように、ギャンブルを連想させるものから距離をとるようにしましょう。

また、お金を少額しか持ち歩かないようにして、物理的に手を出せない状況を作ることも有効です。もし空いた時間に何をしていいか分からない場合は、新しい趣味を探しましょう。趣味が見つかり、それに夢中になれば、徐々に依存感情が薄くなります。そうなれば、精神的な辛さも緩和されていくでしょう。

ギャンブル依存症は、病気です。まずは自分が病気を患っていることを理解し、専門外来を受診しましょう。また、この病気は一度発症すると完治することはありません。二度と発症させないように、ギャンブルから距離をとったり、新しい趣味を作ったりして、衝動を喚起させない努力をしていきましょう。

-コラム

Copyright© スグカリ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.