今すぐお金を借りたい必要な方には【スグカリ】へお越し下さい

スグカリ

借金返済や貯蓄のために食費を月1万円に抑えて節約する方法

コラム

投稿日:

生活費の中で最も節約しやすいのが食費。できれば安くしたいと自分なりに食事を工夫しても、うまくいかず諦めてしまった人も多いはずです。
借金返済や貯蓄のために食費を月1万円に抑えて節約する方法

食事を削ることに過去失敗してしまった人でも簡単に実践できる節約法をまとめました。

1月の食費を抑えてキャッシングの返済や貯金にあてる

食費を節約するなら、まず自炊を心掛けましょう。外食すると、1人暮らしでも月3~4万円かかります。外食を減らし、自炊を増やすことで、格段に食費を抑えることができます。毎日自炊をすれば、1カ月の食費を1万円に抑えキャッシングの返済や貯金にあてることも夢ではありません。

食費を月1万円に抑える場合、1週間の食費は2500円となります。週2500円でやりくりするためには、計画的に買い物する必要があります。今まではなんとなく気分で決めていた食事のメニューを、スーパーの特売品中心のレシピにするとか、安くてボリュームがある豆腐やもやしなどをうまく活用するなど、節約しながら満足できるメニューに替えましょう。

食材はまとめ買いを心掛け料理のレパートリーを増やそう

買い物は基本的に1週間に1度まとめ買いをして、必要に応じて買い足すようにしましょう。まずスーパーの広告やチラシを見て、安い食材をチェックしましょう。そうすることで、スーパーの特売品やタイムサービスを中心に安い食品をゲットすることができます。

特売品を購入した場合、費用は安く抑えられますが、食材のバリエーションは少なくなってしまうことがあります。同じ食材の組み合わせのものを同じような味付けで毎日食べていると、飽きてしまい続けることでできません。そこで、飽きないようにするためには、同じ組み合わせから作れるレシピのレパートリーを増やすことが必要です。

また、食材を買い足す際は、それを足すことによって作れるメニューを思い浮かべながら買うようにしましょう。そうすれば、レシピのレパートリーを広げる練習にもなります。買い足す食材のおすすめは、きのこ類や豆腐です。値段も安くアレンジもしやすい、とても節約向きな食材です。

腐らせて無駄にしないよう日持ちのいい食材を選ぼう

食費において意外に多い無駄は、食材を腐らせることです。特売品だからと、安易な気持ちで必要以上の量を買い込み、気づいたときには腐っていたという経験をしたことがある人は多いでしょう。

安いからと言って、むやみにたくさん買うのではなく、きちんと使い切れる量を考えて購入しましょう。また、食材を選ぶときは、日持ちの良いものを選ぶことも大切です。

野菜であれば、じゃがいもや玉ねぎなどの根菜、ほうれん草や小松菜などの葉物の野菜は、日持ちがよくおすすめの食材です。肉類は、当日使うもの以外は冷凍専用の保存袋に入れて、冷凍保存しておくと日持ちがよくなり、腐らせることなく使い切ることができます。

生活費の中で一番節約しやすいのは、食費です。自炊を心掛け、日持ちのいい食材を選んだり、特売日にまとめ買いしたりするなどのポイントを押さえることで、月1万円に食費を抑えることができます。そうすれば、浮いたお金をキャッシングの返済に充てることや貯金にまわすこともできるため、身に付けておいて損はない節約法です。

-コラム

Copyright© スグカリ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.